悪い自己紹介文とは?

悪い自己紹介文とは?
ネット婚活を行なう際にはどんな自己紹介文を書こうかと悩んでいる方も多いですが、ここではあえて悪い自己紹介文の例をご紹介します。

基本的に婚活サイトは結婚相手を探す方が集まっています。

ただ単に出会いを求めているのではなく、結婚するための相手を探しているということが重要なポイントです。

そのため、あまりにも真剣さが感じられない自己紹介文は悪い印象を与えてしまいます。


例えば、「友達もみんな彼氏ができて私だけ一人で寂しいので、とりあえず誰でもいいので相手を探してます~」という調子だとあまりにも軽すぎると思いませんか?

「とりあえず」って何だかバカにされているような印象を受けませんか?

このような軽いノリで登録してみただけという印象を受ける方はあまり良く思われませんのでご注意ください。

自己紹介文を書くときに注意する事

では先ほどとは対象的に、お硬い文章にすると良い印象を持たれるのでしょうか!?

確かに真剣さは伝わりますが、あまりにも硬すぎるのもよくありませんのでほどほどにしておきましょう。

あまり硬い文章にしないコツとしては、普通に話をしている感じで書いてください。


ある程度自分の好みの異性のタイプを自己紹介文に記入しているのは良いですが、あまりにもバッサリと苦手なタイプを切り捨てるのはやめましょう。

「ヒゲが生えている人、髪の毛が薄い人、メタボな人、年収が○万円以下の人はお断り!」

という内容が書かれているのを見ると「どれだけ高飛車なんだ」と不快感すら与えてしまいます。

あえて嫌いなタイプを書くのではなく、「こんな人が惹かれるタイプ」と柔らかいニュアンスで書くと印象が良いです。


自己紹介文に自分の趣味について書く場合もあるかと思いますが、異性に共感される内容を書くことが大切です。

女性の場合なら「休日は編み物をしています」と書かれていると、編み物に興味がある男性以外なら「ふーん…」という反応だと思います。

「料理が好きで、得意料理は○○です」と書かれていると、「おっ!料理が得意そう。作って欲しいな」と興味を持ってもらえます。

このような点に注意して自己紹介文を充実させましょう。

このページの先頭へ