自分の長所を上手に表現しよう!自己紹介文の書き方~男性編~



お見合いや婚活パーティーなどでは、実際に会ったときの最初の印象がその人の印象となります。ネット婚活においては、自己紹介文がその人の第一印象となりますのでしっかりと作成する必要があります。

どんなに内面が良くても、それを文章として表現することができなければ運命の出会いさえも逃してしまうかもしれません。ですので、自己紹介文を適当に書いたり、長々と読みにくい文章にならないように注意しましょう。


«事例»具体的な自己紹介文の書き方

ネット婚活で好かれる自己紹介文というのは読みやすく、自分の長所を上手に表現した文章です。ですから、自己紹介文を書くときはネガティブな言葉を使わずに、明るい雰囲気になるように作成してみましょう。

自己紹介文を書くときは、出会いの幅を広げるために「広く浅く」をターゲットとするといいでしょう。

例えば、「野球が好きで試合観戦によく出かけます」という人と、「スポーツが好きで、アウトドアなど体を動かすことも好きです」という人の場合は、後者のほうがより多くの人に興味を持ってもらえる可能性が高いです。

もちろん前者でも野球が好きな異性からピンポイントで連絡がくることはありますが、自分のプロフィールを多くの人の目に留めたいのであれば、野球と限定してしまうよりもスポーツという広域で表したほうが好まれるでしょう。

出会いの幅を広げるという意味で、自己紹介文を書く時は属性を絞り過ぎないことがポイントとなります。


自己紹介文を書くときに注意したい点

婚活に気合を入れすぎて自己紹介文を長々と書いてしまうと、くどくなってしまいますが、逆に一行などのシンプルすぎるものも異性の興味を引くことはできませんので注意が必要です。

そして、相手に好意を持ってもらいたいからと、嘘をついたり大きな脚色をすると後々トラブルになることがあるので、正直な文章を書くようにしましょう。

ネット婚活はお付き合い、そして結婚へと結びつく出会いですので、興味を引くためについた嘘が信頼を失ってしまう原因になることもあります。どうしても嘘を書く状況になってしまったのであれば、笑って済ませられる程度の嘘で留めておきましょう。

自己紹介文というと堅く淡々とした口調になりがちですが、ところどころにユーモアを添えたり、笑ってしまうようなエピソードが入るとより好印象を与えることができます。


まとめ

自己紹介文は自分をアピールするうえで最も重要となります。一度書いて終わりではなく、定期的に見直して、より良い自己紹介文にしていきましょう。

自己紹介文が良いものとなれば、女性からのアプローチも自然と増えてくはずのですので、頑張って自分の性格などを文章で伝えるようにしましょう。


このページの先頭へ