婚活をせずに過ごしていると婚期が遅れてしまう!?


「婚活に興味はあるけど、婚活をしているのを人に知られるのが恥ずかしい…」

「婚活をしている=売れ残っている、焦っている、モテない人」と、あなたは感じているかもしれませんね。しかし、あなたが思うより世間では婚活に対して前向きです。

「結婚適齢期を過ぎているのに独身=魅力がない人」というわけではないです。

仕事が忙しかったり、職場に異性がいなかったりと、出会いたくても出会えない人はたくさんいます。中には出会いはあるけど、なかなか勇気を出して前に踏み込めない人もいます。

また、理想を追い求めているうちに、いつの間にか周りがみんな結婚していた…というケースまで結婚できない理由というのは人によって様々です。なので、婚活をする事自体は恥ずかしいことでも何でもないのです。

婚活するのが恥ずかしいと感じるのは、雑誌のラブストーリーやテレビドラマが影響しているのかもしれません。

「ふと気がづいたら隣にいた」「友人から紹介されてお互い一目惚れだった」などの自然な流れが、良しとされている風潮が影響しています。

もちろんごく自然に出会えればそれが一番いいのですが、毎日の生活の中での出会いは限られています。なので、理想の相手と自然に出会って自然に結婚するという理想は、もはや理想でしかありません。


婚期を逃さないためにも婚活を始めよう


現代は草食男子と呼ばれる受身の男性が増えましたし、女性の社会的地位向上から、古い価値観は通用しなくなってきました。ですから、白馬の王子様やお姫様を待っているだけでは、一生独身の身となってしまう危険性があるのです。

また、出会った相手が結婚を視野に入れていなかった場合、自分の婚期さえも逃しかねません。しかし、婚活で出会った相手であれば、お互いの結婚観を意識しているで、自然的に交際をスタートすることができます。

婚活は自分のニーズにピッタリの相手を探し分ける画期的なシステムとなっています。

真剣な交際を望んでいる人は合コンや友人の紹介よりも、婚活することが向いております。そのため婚活は今や幅広い年代層から支持されています。

その証拠に結婚相談所を利用者数は年々増え続けています。


まとめ

「婚活するのが恥ずかしい」と思って抵抗感を持ち続けていると、いつまでたっても結婚相手に恵まれないかもしれませんよ。

婚活は結婚するため、幸せになるためのツールと考え、積極的に真剣な出会いを増やす行動をとることで結婚が近づいてくるこでしょう。

このページの先頭へ