お相手検索の使い方

お相手検索の使い方
婚活サイトに登録し、プロフィールを作成したらいよいよ相手探しが始まります。

異性を検索する場合には年齢や身長、職業、趣味、性格、喫煙の有無など実にさまざまな条件で絞ることができます。

理想の相手の検索項目をうめる作業は楽しいものです。

この検索結果で出てきたプロフィールの相手が将来の伴侶となるかもしれませんから、運命の人と出会えるかもしれないと想像するだけでわくわくするでしょう。


お相手検索は項目一つで表示される人が変わってきますので、是非とも使いこなして自分にぴったりの相手と出会いたいですね。

お相手検索はより自分の理想に近い人を探すために好みの条件を設定するものですが、ここであまりにも条件を絞りすぎてしまうとなかなか相手が見つかりません。

実際の使い方

例えば家を探すときにも「駅徒歩5分圏内でバス停もあってコンビニも病院もレストランもあって7万円以内の1DK」なんていう物件はないといっても過言ではありません。

しかし、駅徒歩10分圏内まで広げたり予算を1万円妥協するだけでも可能性が出てきます。

従って婚活サイトのお相手検索でも少しずつ条件を緩めることで自分の許容範囲内の人がヒットする可能性が出てきます。

そして、実際会ってみたら全く気にならなかったということも無きにしも非ずなのです。


お相手検索で最初から条件を絞り込みすぎるというのは、自ら出会いのチャンスを狭めているのと同じ行為になります。

誰しも絶対に譲れない条件というのはあるとは思いますが、あれもこれも譲れないというようではお相手が見つかるまでにかなりの期間がかかってしまうことでしょう。

また「こういった人じゃないと嫌だ」といった固定観念とした考えがあると別の魅力を持った人との出会いの機会を失ってしまいますからとてももったいないことをしています。


世の中には年上しか受け付けないと思っていても、実際年下と付き合ったら年上以上にしっくりきてそのままゴールインしたという人もいます。

ですので、自分の可能性を広げるためにもできるだけ色んな人の魅力を探すようにしてみてください。

このページの先頭へ