返事がないのは脈なしってこと?

返事がないのは脈なしってこと?
気になる相手から返事が来ないということは、「脈がないのか」と判断することができるものなのでしょうか。

一概には言えないことかもしれませんが、返事がないということは脈なしと判断しても良いかもしれません。

判断が難しい場合は、そもそもなぜ返事をくれないのかという理由を考えてみると良いと思います。


仮に相手がこちらに好意を持ってくれているのであれば何らかのアクションをしてくれると考えられます。

こちらからメールを送っていればすぐに返事をくれても良いはずです。
実際にお会いした後に次回の約束をした時にも、相手は喜んで返事をしてくれるはずです。

それがないということは十中八九、脈がないのだと考えられるのではないでしょうか。
ただ、ひょっとしたら相手にもすぐに返事を出せない何らかの理由があるかもしれません。

「返事が来ない=脈がない」ではない!

仕事が忙しくて返事をすることができないということも考えられます。

わざと返事をしないで相手をじらし、どんな対応をしてくれるのか駆け引きをしているということも考えられます。

メールを打つこと自体が苦手なので、どう返事をするべきなのか迷っていることもあるでしょう。

なので必ずしも「返事が来ない=脈がない」とはならないのです。


このような理由があるため、返事がなかなか来ないからといって簡単に諦めてしまってはいけません。

だからといってしつこく返事を促すことをしていては不快な思いをさせてしまうことも考えられるので、どう対応すべきか難しいところです。


絶対にしてはいけないことは、返事を促すために何度も相手にメールを送りつけることです。

1週間ほど待って返事が来ない場合はもう一度送ってみて、その後1週間待っても相手から何も連絡が来なければ諦める方向に気持ちを切り替えるようにしてください。

必ずしも相手はその人だけではありません。

本当に運命の相手となる人を見つけることができるように、地道に婚活をして良い相手を探していきましょう。

このページの先頭へ