好感が持てるファーストメールとは?

好感が持てるファーストメールとは?
婚活サイトでは、気に入った異性との連絡のやり取りはメールで行います。

初めて相手の方に送るファーストメールの内容次第によっては、好感が持たれてその後も良い関係が続くか、もうそこで連絡が途絶えてしまうかと結果が変わります。

せっかくのきっかけを無駄にすることがないように、好感が持たれる内容にしましょう。


メールの内容については、いかにも定型文と感じられてしまう内容だといけません。

しっかりと相手の自己紹介文を読み、その方のことをとても気に入ったことを伝わる文章にしましょう。

具体的にその方のどんなところに強く惹かれたのかを書くことが大切です。

例えば「私もサッカー観戦が好きでよく応援しに行きます。あなたはどのチームがお好きですか?」と共通の趣味からさりげなく話題をふってあげるのも良いです。


相手のことに興味があるので色々と聞きたいことは山ほどあると思いますが、あえてファーストメールであれこれ聞いてしまうのはとても失礼なことですので注意してください。

徐々にメールのやり取りをしているうちにお互いに興味のあることが出てきますので、少しずつ理解を深めるようにしていきましょう。

ファーストメールの注意点


ファーストメールでは、一番最初のご挨拶程度の内容に留めておくことが大切です。

相手にも自分に興味を持って欲しいので色々書きたいことがあるのもわかります。

ですが、いきなりメールを送られて長々とした文章を読む相手の気持ちを考えるとちょっと迷惑がられてしまうことも予想されます。


女性の場合は特に注意していただきたいのですが、ギャル語の多用には注意してください。
若い人同士では十分通じる内容であっても、男性の場合は全く理解することができません。

普段の話し言葉がついメールの文章に現れてしまうこともありますが、さすがにギャル語だけは避けるようにしてください。

ファーストメールで相手の好感を得ることができれば、何回もメールのやり取りを重ねて実際にお会いするステップへと進んでいきます。

焦らずにじっくりと仲良くなれるように頑張りましょう。

このページの先頭へ