電話の誘い方・断り方

電話の誘い方・断り方
基本的には婚活サイトで相手の方との交流はメールでのやり取りとなりますが、実際に合う前に電話だけでもお話ししてみたいと思うのは当然のことです。

相手の方が了承してくれれば連絡先を交換して電話で会話することも可能だと考えられますが、どのようにして誘うべきなのか考えてみましょう。


初めてメールを送る、まだあまりメールのやり取りをしていないという相手の場合は、いきなり電話番号を尋ねるのはとても失礼なことです。

ある程度メールのやり取りの中でお互いに話が盛り上がり、その様子を見ながら電話のお誘いをしてみましょう。

その際に注意していただきたいのは、相手の方が忙しい時間帯に誘わないということです。
ゆっくりくつろいでいる時間をめがけてお誘いをしてみてください。


話の流れとしては「あなたと電話でお話をしてみたいのですが、いかがでしょうか?」という流れでお誘いしてみましょう。

相手から了承してもらうことができれば、こちらから連絡先を教えてワン切りしてもらい、こちらから着信履歴に残っている番号へ折り返し電話をするようにしてください。

相手の連絡先をはじめに聞くのではなく、こちらの連絡先を先に教えるというのがポイントです。

電話の断り方について

また、逆に相手から電話に誘われることも考えられます。

その場合どうしても気が乗らなくて電話で話をしたくない相手だった場合はどう断るべきだと思いますか?

ストレートに「いや、話をしたくないです」と断ってしまうと相手を深く傷つけることになるかもしれません。


もしも少しでも気になる相手なのであれば「もう少しメールのやり取りをしてみてからでも良いですか?」とやんわりと断りましょう。

全くその気がなく今後はメールのやり取りをするつもりがないのであれば「お友達以上で考えることができません」とお断りした方が相手にとっても他の人へアタックしやすくなります。

婚活において必ずしもお互いがうまく気に入るとは限りませんので、変に気を使ってダラダラとメールだけの関係を続ける必要はありません。

このページの先頭へ